Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nojimajapan.blog103.fc2.com/tb.php/144-be2d161a

-件のトラックバック

【重要】新騒音規制について

3/18:品番に関する内容を追記しました(太文字の箇所)。

加速騒音規制を新たに規制内容に盛り込んだ新騒音規制(平成22年規制)が、
今年の4月1日以降に生産又は通関する車両から適用されます。

この規制が適用される車両については、国の認めた登録性能確認機関による性能証明プレート
の貼付のあるマフラーだけが合法的に交換可能なマフラーとなり、その他のマフラーへの
交換は違法改造とみなされる事とます。
(路上での取り締まりの際、プレートの有無だけで合法性が判断できる様になります)

野島エンジニアリングでも昨年より新規制に対応したマフラーの開発を進めており、
既にいくつかのモデルについては新規制の性能試験をクリアし、性能認定を受けております。
今後も順次新規制対応のマフラーを開発・発売して参ります。

ノジマでは、新規制対応の製品と既存品を判別できる様に品番を分けさせていただきます。
既存品の品番末尾が『-CL』であるのに対し、新規制に対応したものは品番の末尾が
『-CLK』になります。
一時的に二つの品番の商品が市場に存在する形になりますが、何卒ご了承下さい。
2010年4月以降の生産車は『-CLK』、3月末までに生産された車両は『-CL』/
『-CLK』両方の品番の製品が適合します。


尚、新規制が始まると今乗っているバイクも厳しく取り締まられるのではないかと
心配される方も居られるかもしれませんが、心配にはおよびません。
対象となる車両は今年の4月1日以降の生産車および通関車ですので、今お乗りのバイクについては
今まで通りの規制内容に則ってマフラー交換を楽しむ事が可能です。

下記、判り易く要点をまとめた資料です。ご参照下さい。
http://www.nojima-japan.co.jp/nojima_type-sc/10kisei.pdf
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nojimajapan.blog103.fc2.com/tb.php/144-be2d161a

0件のトラックバック

Appendix

FC2カウンター

 

月別アーカイブ

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。