Entries

Ninja1000 14モデル

モデルチェンジとなったNinja1000 14モデルがノジマに届きました。
外観上はミラーとリアサスのプリロードアジャスターとリアウインカー位しか
変更点は無い様に見えますが、トラクションコントロールが追加されていたり、
ギア比がロングになっていたり、補器類の位置が変更になっていたりと
見えないところで色々変更がありました。
Ninja1000_14.jpg

排ガス試験の必要なフルエキゾーストの開発が始まる前に、
既存パーツの装着確認をしました。

まずはスリップオンマフラー。
Ninja1000_so.jpg
純正マフラーはサイレンサー形状が変わりましたが、差込み径やステー位置は
前モデルから変わっていないので、既存品が装着可能です。
近日中に騒音試験を受けて認証登録に追加したいと思います。
スリップオンだから排ガス試験成績書も要らないし、JMCAじゃなくても構わない
と思っている方も結構多い様ですが、近年のバイクは加速騒音の試験をクリア
していないマフラーでは車検に通らないので要注意です。

スクリーン
Ninja1000_scs.jpg
独特な形状の純正に対してシンプルな形状のノジマスクリーン。
取り付け寸法に変更は無く問題無く取り付けできました。
純正のスクリーンはハンドルの逃げ付近に凹凸がありますが、
ノジマはすっきりしたデザインで、伏せた時の視界もクリアです。
スクリーン長はノーマルとほぼ同じサイズで防風効果は変わりません。

ラジエターコアガード
Ninja1000_cg.jpg
コアの保護はもちろん、ドレスアップにも最適なコアガード。
できれば新車の内に取り付けたいパーツの一つです。
特に問題無く取り付けできました。
「カウルを外さなくても取り付けできますか?」という問合せを
いただいた事がありますが、慎重にやれば取り付け可能です。
(注:失敗すると周りのパーツにキズがつきます)

少し長くなりましたので続きはまた。
FACEBOOKのノジマファンページも宜しくお願いします。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nojimajapan.blog103.fc2.com/tb.php/364-85968b5a

0件のトラックバック

Appendix

FC2カウンター

 

月別アーカイブ

 

ブログ内検索