Entries

ZX-14R 1本出しフルエキゾースト

ZX-14Rの1本出しフルエキゾーストがほぼ形になったので、開発の隙を狙って写してみました。 実際の製品はパイプを磨いて焼きますので少し雰囲気が変わりますが、おおまかなラインはこんな感じになると思います。何とか5月の連休までには・・・という勢いで頑張っています。...

ZX-14R ラジエターコアガード発売!

ZX-14Rのラジエターコアガードですが、近日発売のお知らせをしたままBLOG上で発売の告知を忘れていました。既に好評発売中です。品番:NSP643CG 価格¥30,450(税込) 虫や飛び石で曲がったフィンをちまちま直すのも暇つぶしにはなりますが、最後まで根気が続かない私みたいな人にはオススメです。...

ノジマのZX-14R開発状況 2/21 S/Oの重量

昨日の記事に書き忘れました、ZX-14R用DLC-TITAN S/Oの重量ですが、純正の約14kgに対してDLCスリップオンは約6.3kgでした。現在急ピッチで量産を進めています。3月中に初回ロットが出荷できるはずですので今しばらくお待ち下さい。尚、なにぶん初回ロットは数に限りがありますのでご予約はお早めにどうぞ。品番:NT643SGTDW-CLK 価格¥178,500(税込)※認証はZX-14R(アジア向けZXT40E)のみです。※ZX-14RABS(アジア向けZXT40F)は後...

ノジマのZX-14R開発状況 2/20 S/Oほぼ完成・MRA装着

DLC-TITAN S/O の、ほぼ量産と同じものが出来上がりました。これを使って最終的な各部のクリアランスやバランスを確認しています。 焼き入りの画像がありませんでしたのでこのタイミングで撮影しました。ちなみに焼け色は手作業ですので1本1本微妙にかわりますのであしからず。その後、MRAのスクリーンを装着しました。極端に長さが変わらない割に空力の効きそうなスポイラータイプをチョイス。 色はスモークです。グラデーショ...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/10 騒音試験・コアガード

昨日は寒風吹きすさぶ中、加速騒音試験を受けてきました。予定していたDLC-TITAN2本出しフルエキゾーストとスリップオンは無事合格!スリップオンは3月中の発売、フルエキは4月上旬の発売を目指して、少しでも早くお届けできるよう頑張ります。(あまりの寒さに試験の様子の画像を撮り忘れました)代りにというわけではありませんが、Ninja1000やZRXでも好評のラジエターコアガードの装着確認を行いました。こちらは近日中に発売開...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/4 ショートサイレンサー

少し調子に乗って、今度はNinja1000の 2本出しで使っている短いDLCサイレンサーを差し込んでみました。さすがに少し軽快感ありすぎな気がしますが、一部で人気が出るかも。音も見た目で想像するほど極端にはうるさくはありません。ぜんぜん関係ないですが、近くに停めてあったM澤工場長の愛車シグナス号です。かなり凝ったつくりのマフラーは一部の業界関係者には大人気ですが、おそらく商売ベースに乗らないものと思われます。...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/4 Vサイレンサー

開発陣の隙を見てZZR1400 06-07用としてラインナップのあった、FASARMシリーズのVサイレンサーを差し込んで見ました。最近はDLCサイレンサーばかり見ていたので、この細さは何か新鮮な感じです。ついでに音も測ってみましたが、近接騒音は何とか規制値内に収まりそう。でもこのままでは加速騒音は難しいかもしれません。いっその事ハニカムも抜いてしまってスポーツ走行専用マフラーとしてラインナップするのもアリかもしれません...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/3 排ガス試験

今日はスリップオンの排ガス試験を受けてきました。無事合格。しかしフルエキ1本出し/2本出し、そしてABSで全種類という事で、まだまだ何度も排ガス試験を受けなくてはなりません。この試験が一回XX万円も掛かり、試験に向けた開発もかなりの時間を要する為、2月度のノジマの開発費は突出した数字になりそうです(汗)。又、その為、際限なく排ガス試験を受けて適合車種を増やすというわけにも行かず、ある程度売り上げの見込める仕...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/2 youtube

今日はyouubeにDLCスリップオンの音をアップしてみました。ノジマのパソコンのしょぼいスピーカーだとどうしてもシャカシャカした音が目立ちますが、みなさんのパソコンではどうでしょう?できればヘッドホンか何かで聞いてみてください。ZX-14R ノジマDLC-TITANスリップオン...

ノジマのZX-14R 開発状況 2/1

本当は仕様が確定してからと考えていたのですが、「早くグラフを!」というご要望をいただきましたので開発中のS/Oのグラフを参考程度にUPしてみます。実際の製品とかけ離れない様に、色んな仕様の中でできるだけ平均的なものを選びました。パワー的にはエキパイである程度決まってしまいますのでグラフは地味かもしれませんが、特に3~4,000辺りと6~7,000辺りのトルクの上乗せで、普段遣いの乗り易さもUPすると思います。重さも...

Appendix

FC2カウンター

 

月別アーカイブ

 

ブログ内検索